CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

iro notes

commuのこと、ohana projectのこと、染色のあれこれ、コドモのあれこれ、日々の色々ノート。
<< 恵比寿naughtyにて販売中。 | main | 星に願いを。 >>
ohana project。
0

    3.11に起きた未曾有の出来事。

    震災後はとにかくたくさんのことを
    ぐるぐる考えていました。

    考えて考えて。

    早い段階で東京は日常を取り戻しました。
    (まだ放射能などの心配は多く残りますが。)

    そうなってきた東京に住んでいる自分。
    でもまだ苦しむ多くの人々。


    私に出来るのは手を動かす事。
    考えていても、テレビの前で泣いていてもしかたがない。

    そうして震災後ちょうどお話のあった
    東日本大震災チャリティーバザーのため
    余震の中せっせと作っていたのが
    染布のお花のシュシュ

    バザーの後もシュシュは
    石巻へと旅立っていったり、
    支援のマーケットへともらわれていったり。

    小さく小さく活動しています。


    そしてこのシュシュについて。
    こういうことをはじめました。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    「ohana project」

    「ohana」(オハナ)ハワイ語の意味は「家族」。
    血の繋がった家族だけでなく、「そこに暮らす全ての人」
    という広い意味があります。
    日本に暮らすすべての女の子が、”お花”のように美しくいられますように、
    そして同じ島の”ohana”として仲良くなれますように、
    手作りの「お花のシュシュ」を通じて
    日本中の女の子達を明るい笑顔でつなぎます。

    ohana projectは東日本大震災で被害にあわれた
    女の子達を応援します。


    ----------------------------------------------------------------------


    私の決めた支援のカタチです。


    今後、commuの活動の中のひとつとして
    このohana projectを続けていこうと思います。
    具体的には
    被災地の支援にいかれる方に持って行っていただき
    被災地で頑張っている女性や女の子に
    直接シュシュを渡してもらうことのほかに、
    チャリティーイベントでの販売、
    シュシュのワークショップの開催(7月下旬予定。)、
    販売やワークショップについては
    売り上げの一部(または全額。そのイベントなどによります。)を支援金にいたします。
    (募金先はイベント企画者により異なります。)


    実際、ボランティアで「私も作りたい!」と言ってくれている方もいて
    ならばみんなで楽しく気持ちで作りましょう!みたいな
    企画もチラホラわいています。

    本当に小さな小さなキモチのカタチですが
    長く続けて行きたいと思います。

    頑張ろう!日本の女子!!

    | ohana project | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://aki.commu.jp/trackback/54